香典袋の種類と選び方

香典袋を購入する際に気をつけなければならないのが、その種類です。

実際にお店などに行って見てみると分かると思いますが、香典袋と一言では言ってもその種類はいくつかあります。

一つはコンビニでも売っているような簡略式のものだったり、一つは豪華な装飾がなされているものだったり。

見た目がちょっとでも豪華な方が喜ばれるのではないか、と考える方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、香典のマナーとして金額に見合った香典袋を選ぶことが前提となっています。

額の少ない香典に豪華な装飾のついた香典袋はマナー違反ということですね。

ではいくら位でどの香典袋の種類を選べば良いのかというのは以下にご説明しておきますので、参考にしてみてください。

【香典袋の種類と金額】

  • 3000円~5000円の場合:水引が封筒に印刷された簡略式のもの。
  • 10000円~20000円の場合:水引きが黒白で印刷されていないもの。
  • 30000円~50000円の場合:水引きが銀色で高級な和紙が使用されているもの。
  • 50000円以上の場合:上記の高級香典袋でさらにひだや銀紙があしらわれているもの。

この香典袋の種類などは大したことではないと考える方も多いかもしれませんが、弔事などの場合にはマナーに関してはちょっと気をつけすぎるくらいの方がちょうど良いので、こういった事にもできるだけ気を配るようにしましょう。



このページの先頭へ