お通夜や葬式での一般的マナー

まず訃報を受け取った際の対処の仕方について考えてみましょう。
親族や親しい友人や知人の場合、訃報を受け取ったらすぐに最後のお別れの言葉をかけるためにその場に駆けつけるようにします。

その際の服装は普段着で構いませんので、できるだけ早めに出向いて遺族の方の力になれるように色々と手伝ってあげるようにしましょう。

もし親族で遠方に住んでいる場合は、電話などでいつ到着できるかをなるべく早めに連絡するようにします。
それによってお通夜や葬儀の日程などを決めることもあるので、とにかくこれは早めにです。

もし故人との関係が仕事上の付き合いやそこまで親しくない人の場合は、逆にこのタイミングで伺ってしまうと迷惑になってしまう恐れがあるので、そういった際にはお通夜や葬儀まで出向くのは控えるようにしておきます。

ここの判断は人によって非常に難しいときがあり私も迷ったときがあるのですが、友人から故人とその家族とひっくるめて親しい場合は親しい関係となる
と言われて、なるほどと思った記憶があります。

またこれはそんな多い事態でないと思いますが、万が一結婚式などの慶事とお葬式などの弔事の日程が重なってしまった場合。
これはその人その人の事情によっても変わってくると思いますが、一般的にはこういった場合には弔事を優先させることがマナーとなっています。

また亡くなった方が子供の場合などには、その年頃のお子さんをお持ちの方は、その子供を連れての弔問は控えるようにしましょう。



このページの先頭へ