香典返しのマナー

日本では頂いたものはしっかり返すという文化がしっかりと根付いていますので、香典に関してもこのことは適用されます。

頂いたお香典のお返しは一般的は香典返しと呼ばれており、頂いたお香典の金額のおよそ半分の値段のものをお返しする、いわゆる「半返し」というものが一般的になっています。

しかし、最近では頂いた金額の3分の1である3分の1返しというところも多く、または香典返しの費用を2500円程度のものと一律にしてしまっている場合も多く見かけます。

香典返しの金額を一律にした場合は、頂いた香典の金額が大きかった場合は別の機会にまた別の形で何かを贈ることが多くなっているようです。

また、これらとは対象的に地域によっては、半返しや3分の1返しではなく、頂いた香典の金額分をしっかりお返しするという「全返し」が主流となっているところもあります。

こういった香典返しに関するマナーは地域によっても変わってくるものもありますので、他の親戚の方や地域の方に事前に相談しておいた方が良いでしょう。

香典返しって一体何を贈ったらいいの?
と考える方も多いでしょうが、近年では贈った相手が自分で商品を選ぶことのできる「カタログギフト」が利用されることが多くなっているようです。

香典返しのカタログギフト

もちろん何かしらのこだわりなどがある場合はそれらを選んだ方が良いと思います。
しかし、香典返しを選ぶことに迷ったときなどには一度これらを調べてみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ