香典のお返しは辞退できる?

香典のお返しが面倒となるため葬儀において香典を辞退する人も増えてきているそうですが、逆にお返しをさせるのが申し訳ないとして香典のお返しを辞退したいという方も多いかもしれません。

遺族の方にとってみれば大事な人間を亡くし、葬儀の準備をし、さらには葬儀に参列してくれた者へのお礼など精神的にも肉体的にもきつい時期が続きますので、せめて自分に対してのお返しは必要ないとしてあげたいと考えるのもある意味自然のことなのかもしれません。

まず最初に申し上げておくことは、香典のお返しを辞退したとしてもそれは決して失礼にはあたらないということです。

そして実際にその旨を伝える場合は香典袋にお返し不要の旨を書いた紙などをなるべく目立ちやすいように添えるようにしましょう。

連名で香典を贈る場合や、葬儀が行われた後に遅れて香典を贈る場合などにはこのようにしてお返しを辞退する方が多くなっているようです。

また遅れて香典を出す場合には、お金を贈るのではなく供え物を代わりに贈ることでお返しは結構ですという旨を伝えることもできます。

しかし日本では香典はいただいたら必ずお返しをするということが暗黙の了解のようになっているところもありますので、逆にお返しの辞退をしない方が物事がスムーズに進む場合もあります。

他の参列者はどのようにするのかなどをしっかりと見極めてからこのお返しの辞退は考えた方が良いかもしれませんね。



このページの先頭へ