香典のマナー

香典は金額の相場や書き方だけでなく、香典の渡し方や包むお金に関しても様々なマナーが存在します。

香典を包むときにやってはいけないこと。
香典を手渡すときにやってはいけないこと。

正式な場でいらぬ恥をかかないためにも、最低限の香典に関するマナーをここで知っておきましょう。

香典を手渡すときのマナー

香典は本来「ふくさ」と呼ばれるものに香典袋を包んで持参します。

急な出来事でふくさを用意出来ないという場合は代わりに風呂敷のようなものを使用しても問題ありません。

受付で香典を差し出すときに香典をふくさから取り出し、香典袋にかかれた名前を相手側に向けて両手で差し出します。(受け手に香典袋の向きがちゃんとなるように。)

そしてその際に「この度はご愁傷様です」や「本日はご苦労様です」などの一言を忘れずに添えるようにしましょう。

また葬儀などに大人数が集まると、受付を済ませるのに時間がかかる場合がありますが、列などに並んでいるときは、なるべく私語も慎むようにします。

新札はつかっても大丈夫?

香典では新札を使ってしまうと、「前もって準備していた」と捉えられるという理由から新札の使用は控えたほうが良いとされています。

しかし、こういった冠婚葬祭の場で古びたお札を使うことも良しとはされないため、新札を一度折り曲げて使用する人が多くなっています。

突然の出来事で新札を用意できないという場合は、なるべく綺麗なお札を見つけそれを使用するようにしましょう。

香典は郵送していい?

何かの理由の為に葬儀に参列できない場合や葬儀に参列するほど故人との関わりが深くなかった場合などには香典を郵送するという手段もあります。

香典を郵送で送るということは決っして無礼なことではありません。
葬儀に出席して喪主の方たちに余計な面倒をかけたくないという思いやりを示す形にもなる場合があります。

郵送の方法は、郵便局に行って現金書留で送ることができます。
普通の現金書留のサイズでしたら、香典袋も十分入るようになっていますので、特別なものを用意する必要はないでしょう。

また、香典を郵送する場合はお悔やみ状も必ず添えるようにしましょう。

また宛先は故人宛てではなく、喪主宛てにするということに注意してくださいね。



このページの先頭へ