香典返しを送る時期

香典返しを送る時期は葬儀を行った方の宗教によって変わってくるものですが、日本では一般的である仏式の場合、慣わしとしては四十九日が終わってからが香典返しを送る時期となります。

これはあくまで慣わしのようなものですので、葬儀によっては葬儀が終わった直後などに香典返しを手渡すことも多くなっています。
確かにこちらの方が喪主の方の負担は減るので合理的だと言えるかもしれません。

次に神式の場合ですがこれは仏式の四十九日にあたるものが、五十日祭と呼ばれるもので神式の場合もこの五十日祭が終了した後に香典返しを送ることが一般的となっています。

そして最後にキリスト教の場合ですが、これは仏式の四十九日、神式の五十日祭にあたるものが、三十日祭と呼ばれるものです。

ちなみに神式にもキリスト教にもこの香典返しという習慣はないようですが、日本の一般的な風習にしたがって行うところも多くなっているようです。



このページの先頭へ