お葬式での服装のマナー

お通夜やお葬式に参列する場合には当然その服装にも気を配らなければなりませんが、この葬式での服装のマナーというのはその知識があいまいという方も多くいらっしゃるでしょう。

まず結論から言ってしまいますが、お葬式に参列する男性の場合、基本的には喪服などではなくブラックスーツが適した服装になります。

ブラックスーツに黒いネクタイ、そして革靴などが葬式やお通夜に参列する際の服装となるわけですが、喪服などは喪主の方や故人と直接関係が深い人が着用するものですので、参列者はそこまでのものを着用する必要はありません。

またお通夜などは取り急ぎのお別れの場ともなりますので、こういったスーツでなく、平服でも構わないというのが一般的な考えですが、どうしても不安に感じると言う方はスーツを着ていった方が無難と言えるでしょう。

派手な小物、またエナメル調や派手な金属がついた革靴などの着用はマナー違反ですので、控えるようにします。

女性の場合も同様、ブラックのフォーマルが一般的な葬儀での服装になります。
周りをみているとやはりアンサンブルスーツが今でも主流となっているようですね。

女性の場合はメイクの方はなるべく派手にしないのが基本ですが、全くのノーメイクというのも逆に失礼にあたりますので、地味目のメイクを心がけるようにします。

またアクセサリーなども基本的にはNGですが、唯一結婚指輪とパールのアクセサリーだけは着けても大丈夫です。

ストッキングはできるだけ黒。
どうしてもない場合は肌色のものでも大丈夫です。

またこれは男女共にそうなのですが、冬場でコートをなどを着ていく場合などには「殺生」をイメージさせる皮製のものや毛皮などは着用は必ず避けましょう。



このページの先頭へ