供花の相場とマナー

お通夜や葬儀などにいくと壇上の花や会場の花輪などを見たことがある人も多いと思いますが、あれらは供花という形で遺族の方に対して贈られた花になります。

誰かが亡くなったときにお悔やみの意味を込めて花を贈るということは宗教にもよりますが昔からある風習で、現在でもその風習は受け継がれています。

この供花はお通夜などに参列する全ての人が贈るというわけでなく、故人と特に親しかった人、もしくは会社や団体などが主に贈ることとなっています。

あまりに多くの人から供花をもらってしまうと喪主の方なども管理が非常に大変になりますので、特にそこまで親しくなかったという場合は通常通りお香典だけを贈るのが良いと思います。

供花の注文は通常葬儀を執り行う葬儀会社に依頼することが多くなっています。

この方法だと贈る側も余計な手間なく供花を贈ることができますし、喪主の方も比較的容易に管理ができるようになりますのでおすすめの方法と言えると思います。

供花の一般的な相場はおよそ15000円~20000円程度となっています。

一般的には供花を贈ったときには香典は必要なしとされていますが、親しい具合によっては供花とお香典を両方贈る方もいらっしゃるようです。

しかしこうした供花やお香典には必ずお返しというものをしなければならなくなりますので、供花とお香典を両方贈る場合は相手にあまり負担にならないことも考えてあげましょう。

供花を贈るタイミングはお通夜の場合はその日の午前中までに、葬儀の場合は前日までに手配を済ませるようにしましょう。



このページの先頭へ