香典の相場はいくら?

香典は気持ちを包むという意味合いが強いものですので、香典には必ずいくら包むといった決まりのようなものはありません。

しかし、それでも香典の世間一般の相場というものはあり、これを大きく超えてしまうと遺族の方にいらぬ気を使わせてしまったり、逆に少なすぎると常識知らずとして捉えられる恐れもあります。

またこの香典の相場に関しては、あまり地域によっての違いもなく、日本全国で一律のものとして考えられているところもありますので、この香典の相場を知るということは決して損にはならないでしょう。

葬式での香典の相場はもちろん四十九日や法事での香典の相場も併せて、是非ここで覚えておいてくださいね。

葬式の香典の相場

香典の相場に関する考え方は非常にシンプルです。

普通の付き合いの人には5千円。そしてそれ以上の場合は1万円。

色々な書籍やサイトを見ていると、もっと細かく年齢別や性別によって相場を分けた統計のようなものも見かけますが、この考え方が一番シンプルで分かりやすく、そして香典の相場を完璧に説明したものだと思います。

しかし、この考え方にももちろん例外はあります。

遺族の葬儀の場合は、両親は10万円の香典、そして兄弟の場合は5万円、親族の場合は1万円が相場となっています。

また、仕事関係の場合はおよそ5千円程度が相場の目安になります。
特に仲の良い同僚や友人の場合には1万円がやはり相場となっているようです。

しかし上司の場合には部下が相場以上の金額を包んでしまうと逆に失礼になる場合もありますので気をつけましょう。

会社関係の人の場合は、上司や同僚などに聞いて、その会社の慣習に沿って行うことが一番無難と言えるかもしれません。

これらの金額はあくまで相場ですので、必ず従わなければならないものではありませんが、香典では包む金額が必ず奇数になるように気をつけるようにしましょう。

法事の香典の相場

香典に関して多くの人が頭を悩ませているのが四十九日などの法事での香典の金額の相場です。

この法事の香典の相場に関しては色々と調べても中々これと言った正解を見つけることができません。

しかしそれでも色々な方の話を聞いてその相場を考えてみると、まずは香典の相場として5千円~1万円程度。
そして、法事の後の宴会に参加する場合はその費用としてプラス5千円~2万円。

つまり四十九日などでは1万円~3万円が香典の相場と考えて良いかもしれません。

この法事の香典は地域によっても差が出てきますので、同じ法事に参加する方と相談してみることが一番確実かもしれません。

また、一周忌の場合は四十九日と同様の相場。
三回忌では3千円、親族の場合は1万円が香典の相場となっていることが多くなっているようです。



このページの先頭へ