イメージ画像

急な訃報
お香典で慌てないために。

香典の相場と香典の書き方のマナー

香典に関してはいくら身近なものとは言え、そこまでマナーを熟知している人というのもそこまで多くはないように思います。

お葬式などの弔辞でマナー違反があったとなってはそれこそ大問題になりかねませんし、やはり知らないよりは知っておいた方が良いものと言えるでしょう。

しかしそうは言ってもお香典のマナーに関しては決してそこまで難しいということはありません。

私はいくら香典で包むべきなのかしら?
香典袋はどんなものを使うべき?
袋の表書きの書き方は?
香典はいつ渡せばいいのかしら?

こういった香典に関する疑問を一つ一つ解決していきましょう。

香典の意味

香典

そもそも香典とはどのように生まれたのでしょうか?

日本では古来から故人とのお別れの際、つまりは人が亡くなったときの葬儀で食べ物や飲み物を持ち寄るという文化がありました。

そしてそれらが時が経つにつれ形を変え、食べ物などの代わりにお香や花を用いるようになり、これが香典の名前の由来となったと言われています。

そして現在ではこの文化が継承されつつ、お香やお花などは故人の遺族の方が用意するようになったので、このお代として参列者の方が香典として支払うようになったとされています。

つまりはお香代や花代などの遺族の出費をみんなで少しでも軽くしてあげようというものがお香典の本来の意味ということになります。

葬儀では遺族への思いやりを忘れずに

遺族の方々は傍目から見る以上のストレスと戦いながら葬儀などを行っています。

親族を無くしたという精神的なショックと同時に弔問に訪れてくれた方々へのおもてなし。

そして葬儀の準備や進行、葬儀後の香典返しのことなどやるべきことは本当に多いです。

そんな遺族の方に私たちができる最大限のことと言えば、遺族の方たちと悲しみの感情を共有するというとではないでしょうか。

葬儀の最中や香典を差し出すときにも、そういった気持ちを忘れなければ、きっと遺族の方にあなたの気持ちは伝わるはずです。

そういったことが本当の意味で葬儀や香典のマナーとなるのかもしれませんね。

このページの先頭へ